保育士より


春が近づくと 心がはずみます

夏の日ざしに 気持ちが外へ

秋は実りの季節 落ち葉とともに静けさが訪れ

冬の寒さに 心は内に留まり 次の春に備えます

 

季節の移り変わり、自然との出会いが、

子どもたちの感じる力や心を豊かに育み、

日々の暮らしの礎となります。

 

 

すみれの庭こども園では、自然に近い素朴なおもちゃ、

水や泥んこでたくさん遊ぶことを大切にしています。

教師が、ありのままの姿を受け入れることで、

子どもたちは大切にされ、愛され、守られていると感じます。

そして、自分自身の身体と意志を作っていきます。

子どもが安心して子どもらしく過ごせる

園でありたいと願っています。

 

子どもが自分という存在に出会い、

心の奥にある力を信じ、

ひとりひとりが安心して 自由に

自分を広げていくことができますように。

お父さま、お母さまに支えられ、

豊かな保育のできることに

感謝しています。

 

教諭 山田美也子